投資信託について学ぼう!

 

運用の仕組みについて

賢く使おう、定期預金

posted by admin in 未分類

定期預金とは、満期日や据え置き期間を設定し、その期間に払い戻しをしない条件で一定の金額を預け入れる預金のことです。普通預金と違うのは、定期預金は、貯蓄や資金の中期運用を目的にしているところです。
定期預金の中には、積立定期預金のように、毎月、一定の期日に一定の金額を預け入れる契約のものもあります。金融機関によって商品名も異なり、預け入れの期間によって金利も異なります。自分に合った商品、サービスを選ぶことが大切です。
近頃は、定期預金と投資信託を合わせた商品を勧める金融機関が増えています。投資信託の元本保証がない、リスクがあるというデメリットを定期預金との組合せにより、安心感、お得感を顧客に与えます。
金融機関のサービスをよく比較して、納得のいく定期預金、投資信託などの資産運用を行うことが大切です。

投資信託を選んだ場合のデメリットとは

posted by admin in 未分類

投資信託は、金融の知識を持っているプロに運用をお任せするのですから、投資初心者にとっては心強いものです。しかし、動向が読める人など皆無ということを考えると、場合によっては利益が生まれない場合があることも、知っておかなくてはなりません。
投資信託を選ぶデメリットには、他にもコストのことがあげられます。信託報酬と販売手数料が発生しますが、プロに運用してもらうということを考えれば、当然ともいえる出費です。信託報酬とは手数料のことであり、保有金額と保有している期間に応じて支払うものです。信託銀行、運用会社、販売会社に支払います。販売手数料は、買うときのみにかかる費用で、ノーロードと呼ばれる0円の投資信託もあります。